南山大学アルパインクラブと山岳部OB会の活動を紹介します

南八ヶ岳縦走 2017.8.4 ~ 6

編集者:市川

夏合宿プレとして観音平から渋の湯まで縦走して来ました!3日間とも天気が良くて最高でした!(^-^)/

普段ならここから文字で状況を書いて行くのですが、

メンバーのゆーみ〜が、

動画の方がよりリアルに状況を伝えるれるのではないかとのことで、

動画を作成してくれました!



こちらにて登山の雰囲気をお楽しみください!
スポンサーサイト

夏合宿山行(飯豊連峰縦走)


こんにちは。8月27日~31日にかけて、東北福島~山形~新潟にかかる飯豊連峰の縦走にアルパインメンバー7名が参加してきました。初めての東北の山からの景色はいったいどれほど素晴らしいものだったのでしょうか!それでは見ていきましょう!



福島 野沢駅(なんと現金での運賃の支払いすらできないほど駅として機能しているのか疑わしい小さな駅)からバスで45分、終点弥平四郎に到着。使われなくなった学校が開放されており思わずテンションの上がる一同。



いよいよスタートです。この日は祓川山荘までの二時間程度の道のりをただただ行くだけ。これなら経験の浅い僕もまだまだ余裕があります!(※初日のほぼ平坦な林道をたかだか二時間歩いただけなので当たり前)



初日の夕飯はパスタ。公平に均等に行き渡るよう、譲り合って食べます。お腹いっぱいにはならなくても、心に余裕があるうちはおかわりを欲して相手の様子を鬼の形相で窺うなんて事はありません。そう、この日までは。



ここまで書いて気がつきましたが逐一その日の始まり、食事、泊まる場所を写真つきで書いていてはテンポが悪くなりますね。2日目からはザッと適当に(いい加減という意味ではありません。ちょうど良い加減という意味です。)テンポ重視で行きましょう。(楽したいだけ。)

個人的に一番キツかった2日目の行程。
本山小屋目前にして足がプルプル震えました。
基本的に疲れることが大嫌いな僕は5秒に1度帰りたいと言い出す始末。経験豊富な2年生に「人生も上り調子の方がええやろ?」と励まされなんとかテン場に到着。



吹き荒れる突風の中でのテント泊
空は見事に曇り。

3日目。もうこの辺りからは雨と風の精神的ダメージが大きく、カメラを取り出す余裕もなくなっていました。元気なのは体力のある男子部員とゆーみー先輩だけ。いやゆーみー先輩どんだけ山好きやねん。


本山山頂にて。白以外の色が目に映りません。


北股岳。これも同じく外は真っ白。
早く下山して風呂に入りたいの一心で足を進めます。

この日は今回の山行で一番風が強く且つ雨が降る中でのテント泊でした。体力が残っていないので写真はありません。(3日目にして超弱気)




雨が止み可愛い小屋が見えてきたところで体力が回復してきたので再びカメラを手に。


頼母木小屋のお姉さんが撮ってくれました!唯一?の全員写真!お姉さんありがとうございました。






頼母木小屋のお姉さんとお喋りして以降、少しずつガスも晴れていき、メンバーの顔にも生気が。





前日のテント泊が過酷だった分、この日の小屋泊がよほど楽しみだったのでしょう。この日の写真だけ他の日に比べてたくさん有ります。せっかくなので何枚か。



最後の夕飯はちらし寿司でした。シュラフを持ち出し景色を見ながら外で食べます。これがまたうまい!

雲の隙間に僅かながら日本海に沈む夕陽を見る。

新潟の夜景です。僕を除く他のメンバーは寒い中しばらく最後の夜を堪能していました。あ、僕は写真を撮ったら即小屋に戻り即寝ました。皆さんと違って物思いに耽るという心は、当方持ち合わせておりません故。

5日目は7時間程度下るだけです。下りはどうしても危険が伴うためカメラは手に持てず、道中の撮影は出来ません。昨晩少し降った雨にぬかるんだ黒土に足を滑らせおしりで着地するプロの主幹の決定的な場面も、標高によって変わりゆく植生も、偶然鉢合わせした野生の猿も撮影することが出来ず、一眼レフの機動力の無さをただただ恨むばかりです。



下ってしまえばこっちのもの、大石ダムまで一直線に向かいます。


町に出るバスに乗れるかどうかギリギリだと知った時の主幹。焦って向かいましたが余裕を持って到着、バスにのり道の駅の隣にある温泉へ。前日入りした分も含め6日分汚れを洗い流します。僕が山に登るにあたって一番の楽しみがこれです。

初めて参加した夏合宿でしたが、同行したメンバーのおかげで楽しくやってこれました。序盤は曇りばかりでしたが最終日の景色は最高でした。毎食美味しく作ってくれた女性陣、重たいテントを持ってくれた力のある男性陣、ありがとうございました。次は頂上に温泉のある山に行きましょう!

ここでは載せきれなかった写真まだまだありますので、Facebookのアルバムをどうぞ見てください!


駄文をつらつらと失礼致しました。初めてブログを担当させて戴きました。お見苦しい点ばかりで大変申し訳ありませんが、何卒暖かい目で見て戴ければ幸いです。

(文責:10日間のヒッチハイクの計画を立てたものの、2日目にして39℃の高熱と腹痛によりなけなしの10000円をはたいて新幹線で泣く泣く岡山から名古屋に戻って療養中のT)



南木曽岳登山

編集者:市川 メンバー:市川、高谷、太田、青木、門、西澤

こんにちは。最近はもっぱらブログ担当の市川です。

今回はアルパインクラブOGの門先輩と、その友人の方と南木曽岳に日帰り登山に行ってきました!



レンタカーを借りて、いざ、南木曽岳へ!門OG、西澤さん、運転ありがとうございました!

名古屋から高速を使って2時間程度で到着し、比較できアプローチのいい山でした。

頂上ではガスっており景色は見えませんでしたが、夏山に向けていいトレーニングになりました!

IMG_5352_convert_20170807190040.jpg
頂上での集合写真

IMG_5353_convert_20170807190536.jpg
人文字でNGSO! ナギソ!

ちなみに、頂上付近で雷がなっており、筆者は超絶ビビっていました。(雷と蜘蛛が苦手)

帰りには温泉に入り、馬籠宿が近かったため観光してきました!

IMG_5365_convert_20170807190949.jpg
馬籠宿の景色

IMG_5360_convert_20170807190910.jpg
馬籠宿の桶屋、桶って美しい

今年は、こんな感じで観光も含めた日帰り山行も多いです。

アルパインクラブに入って4年が経ちますが、それぞれ年ごとに計画にも特色があっていいですね!

後輩ちゃん達、運営大変だろうけど、応援してます。

大杉渓谷

編集者:市川

7月12日に、市川、高谷、加藤OBで、大杉峡谷に行ってきました!

大杉峡谷は、以前テレビで秘境として紹介されているのを見て以来、行って見たかったので、今回の山行をとても楽しみにしていました!(*^_^*)



当日は6時は過ぎに金山駅に集合し、出発!加藤OB運転ありがとうございました...!

登山口に近づくにつれて、車窓にも秘境感が増してきました...

朝なのに靄がかかった照明のない、車一台分の幅のトンネルを通った時は、ここは絶対幽霊が出る(°_°)、と思いました...

9時半に登山口に到着し、登山を開始し始めました!

7月に入ったということもあり、すごく蒸し暑い、汗が止まりませんでした...(登山口の標高は200mくらいなので、登山といっても全然涼しくなかったです)

DSCF4308_convert_20170724094546.jpg
こんな感じのルートを登って行きました


DSCF4307_convert_20170724094647.jpg
苔がいい感じですね(^-^)/気持ちが癒されます


DSCF4314_(1)_convert_20170724094738.jpg
登山道から見える水は、青く澄んでいます!


まずは千尋滝!水が落ちる高さがかなりあった印象でした。


DSCF4320_convert_20170724094822.jpg
写真ではあまり伝わらないかもしれませんが、すごく迫力がありました

次にシシ淵!なんだかジブリに出てきそうですね...

DSCF4332_convert_20170724100206.jpg
シシ淵の水はとても透き通っていました


DSCF4334_convert_20170724100303.jpg
魚を観察する2人


DSCF4339_convert_20170724100347.jpg
事件です。ぬかるみでつんのめってレーションの柿ピーをばらまいてしまいました...(´;ω;`)
そしたら魚がそれを食べてました


DSCF4342_convert_20170724100422.jpg
途中にあった、名もなき滝。ミスチルにないですかね、そんな歌。


DSCF4343_convert_20170724100458.jpg
だんだん道も険しくなってきました


DSCF4351_convert_20170724100528.jpg
こんな場所が三重県にあったとは...おそるべし三重県!笑

[広告] VPS

動画も撮ったので入れてみました。この壮大さ、伝われ!(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)

桃の木山の家を過ぎて、最後に七ツ釜滝まで行きました!

DSCF4364_convert_20170724100631.jpg
最終目的地の七つ釜滝!ここまで長かった...!

行動時間は9時間で、日帰りとしては比較的長い時間歩きました...!

今回は日帰りでしたが、峡谷の半分しか探検できなかったので、

次回はぜひ最後まで完走したいですね!

御在所日帰り山行と、最後に告知 2017.6.24

編集者 市川

6月24日に日帰りで御在所に登ってきました!



ルートは、

登りは一の谷新道で頂上まで向かい、

下りは国見尾根から下山するというものでした。

日帰りだったため、トレーニングの意味も込めて

テントを歩荷する強者の新人もいました!笑

登りは一の谷新道の急登を1時間半ほどかけて頂上に着きました。

2017624_日帰りで御在所_170625_0009_convert_20170625210957
頂上付近の三角点での集合写真


2017624_日帰りで御在所_170625_0001_convert_20170625210907
頂上からの景色を眺めるメンバー。天気が良ければ琵琶湖まで見えたのに!😭この日は曇りでした。

下山時に通った国見尾根では天狗岩と揺らぎ岩を堪能しました。

2017624_日帰りで御在所_170625_0008_convert_20170625210940
左上が揺らぎ岩。メンバーが乗ると本当にゆらゆら揺れます...

最後に希望荘で温泉に入って帰りました。

告知!

1.ブログの右サイドにgoogleカレンダーを挿入しました。今後のクラブの予定が参照できるので活用してください!

2. instagramを始めました!よかったらフォローしてください!
https://www.instagram.com/nanzanalpineclub/
↑インスタグラムのページです。

お知らせ
南山アルパインクラブ 新人大募集!!
●フィールドは広く、厳冬期縦走、クライミング、ハイキング、キャンプなどなんでもやってます!

2012年の冬合宿は仙丈ヶ岳地蔵尾根!!その後2―3月はネパール遠征
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
訪問者数
ご質問はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: